コンテンツへスキップ

価値論

装幀:市川衣梨
2022年12月2日発売
A5判 上製カバー装 592頁
定価:本体4,800円+税
ISBN 978-4-7531-0371-3​

価値論──人類学からの総合的視座の構築

 

 

デヴィッド・グレーバー/藤倉達郎 訳

21世紀の『経済学批判』

 『負債論』(2011)そして『ブルシット・ジョブ』(2018)などの著作でその名を世界中に轟かせたデヴィッド・グレーバーが2001年に出版したデビュー作(Toward an Anthropological Theory of Value)の待望の翻訳。

 本作は、グレーバーが博士論文の出版を後回しにしてまで自身の課題に取り組んだ「最初の主著」であり、また彼のライフワークともなった「価値の総合的理論の構築」へ向けた「最初の一歩」である。

 デビュー作とは思えない(あるいはデビュー作ゆえの)博覧強記で、これまでの彼の著作以上に読者を困惑させるその筆致=思索には、のちに数々の作品で「価値転覆」的な発想をもって世界を驚かせてきたグレーバー思想のエッセンスが集約されており、徹頭徹尾「エコノミズム(経済主義)」批判に貫かれた本書において、その概念に対置された「コミュニズム」は一体いかなる像を結ぶのか?

 シカゴ大学人類学科でグレーバーと同僚だった藤倉達郎氏によるリーダブルかつ正確な翻訳でお届けする、グレーバー思想の源流。


目次

序にかえて

第1章 価値を語る三つの方法

 クライド・クラックホーンの価値プロジェクト
 利益を最大化する個人
 構造主義と言語学的な価値
 結論  

第2章 交換理論の現在の潮流

 マルクス主義の興隆とその後
 経済人の再来
 アパドゥライの「価値の政治」
 補足的説明──アネット・ワイナーの譲渡不可能なモノ
 ストラザーンのネオ・モース派アプローチ 
 マルクス主義による批判、モース派の返答
 総合に向けて? 
 ナンシー・マン──行為の価値 
 結論(なぜこんなに行為が少ないのか?)

第3章 行為の重要性としての価値

 西洋的伝統の裏面
 マルクスの価値論
 「人間行為論的(praxiological)アプローチ」
 動態的構造
 自己中心性と部分的意識
 象徴分析としての『資本論』
 市場なき社会
 バイニング―生産と実現
 カヤポ―家庭内サイクルと村の構造 
 価値のト ークン(しるし)
 価値、価値観、フェティシズム
 第一の覚書──否定的価値
 第二の覚書──直接的収奪と間接的収奪
 結論──千の全体性

第4章 行為と反影、あるいは富と力の理論へむけての覚書

 富の誇示
 行為(action)と反影(reflection)
 「貨幣」対「硬貨」
 フェティシズムのさまざまな種類 
 マダガスカルと奴隷貿易 
 オディとサンピィ
  供犠とお守りの創出
 政治的次元、あるいは儀礼的生贄としての税
 展望と結論

第5章 ワンパムとイロコイの社会的創造力

 ワンパムの起源
 名前の復活
 戦争と社会構造 
 平和をつくる
 「偉大なる平和」の起源
 循環と歴史  
  創造と意図性  
 夢の独裁  
 真冬の儀式と白犬の生贄  
 夢の経済 

第6章 マルセル・モース再訪 

 社会契約としての贈与
 社会主義理論への貢献としての『贈与論』
 モノと人
 事例1──クラの腕輪と首飾り
 マオリとクワキウトル 
 事例2──アオテアロアにおける贈り物
 事例3──クワキウトルのポトラッチ 
 結論Ⅰ──いくつかのものごとの解明
 結論Ⅱ──政治的および道徳的な結論

第7章 私たちの夢の偽硬貨、またはフェティッシュの問題 Ⅲb  

 王と硬貨  
 再考
 魔法とマルクス主義
 魔法と人類学
 魔法的な態度と宗教的な態度 
 クトゥルフの建築家 
 結論
 マルクス対モース、ふたたび

謝 辞

『価値論』の背景と概説─訳者あとがきにかえて

 シカゴ大学の人類学
 本書の概説
 本書執筆前後のグレーバー及び本書翻訳の経緯

原 注  
文 献
主要用語索引  
主要人名索引 


著者

デヴィッド・グレーバー(David Graeber)

1961 年ニューヨーク生まれ.ニューヨーク州立大学パーチェス校卒業.
シカゴ大学大学院人類学研究科博士課程(1984-1996)修了,PhD(人類学).
イェール大学助教授,ロンドン大学ゴールドスミス校講師を経て,2013
年からロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授.2020 年死去.

邦訳書に,『アナーキスト人類学のための断章』(2006 年),『負債論──
貨幣と暴力の5000 年』(2016 年),『官僚制のユートピア──テクノロ
ジー,構造的愚かさ,リベラリズムの鉄則』(2017 年,共に以文社),『ブ
ルシット・ジョブ──クソどうでもいい仕事の理論』(2020 年,岩波書店)
ほか.日本語のみで出版されたインタビュー集として『資本主義後の世界のた
めに──新しいアナーキズムの視座』(以文社,2009 年)がある.

著書に,Lost People: Magic and the Legacy of Slavery in Madagascar (Indiana
University Press, 2007), Direct Action: An Ethnography (AK Press, 2007). ほ
か多数.
マーシャル・サーリンズとの共著に,On Kings( HAU, 2017, 以文社より
刊行予定),また遺作となったデヴィッド・ウェングロウの共著に,The
Dawn of Everything (Farrar Straus & Giroux, 2021) がある.

訳者

藤倉達郎(ふじくら たつろう)

1966 年京都生まれ.アーモスト大学卒業.イェール・ロー・スクール修
士課程修了,LL.M.

シカゴ大学大学院人類学研究科博士課程(1992-2004)修了,PhD.現在,
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授.専門は人類学と
南アジア地域研究.特にネパール・ヒマーラヤ地域における社会運動や
開発現象などについて調査を行なっている.

著書に Discourses of Awareness: Development, Social Movements and the
Practices of Freedom in Nepal (Martin Chautari, 2013), 共著書に The Noodle
Narratives: The Global Rise of an Industrial Food into the Twenty-First Century
(University of California Press, 2013), 共編著にThe Dynamics of Conflict
and Peace in Contemporary South Asia: The State, Democracy and Social
Movements (Routledge, 2021).

日本語論文に「暴力と忘却 ──ネパール内戦下の生活と死者,強制失踪
者」田中雅一他編『インド──剥き出しの世界』(春風社,2021 年),訳
書にアルジュン・アパドゥライ『グローバリゼーション
と暴力──マイ
ノリティーの恐怖』(世界思想社,2010 年)など.