身体を引き受ける/G・サラモン

身体を引き受ける

装幀:近藤みどり
2019年9月13日発売
四六判 上製カバー装 376頁
定価:本体3,600円+税
ISBN 978-4-7531-0355-3

身体を引き受ける──トランスジェンダーと物質性(マテリアリティ)のレトリック

ゲイル・サラモン(藤高和輝 訳)

不可視化されたトランスジェンダーの身体からの問いかけ

「LGB fake-T」として、不可視化されてきたトランスジェンダーの身体。本書は、現象学や精神分析をトランスジェンダー理論として読み直す。「身体自我」、「身体図式」などの概念を駆使して、トランスジェンダーの身体経験を理論的に考察。「身体とは単なる物質的なものではなく、身体イメージの媒介によってはじめて生きられる」というトランスジェンダーの身体経験の分析を通じて身体そのものを問い直し、「感じられた身体」と「物質的な身体」の不一致や心身二元論を乗り越える枠組みを提示する。トランスジェンダースタディーズの重要書。

ジュディス・バトラー絶賛!


目次

序論

第Ⅰ部 身体とは何か?
第1章 身体自我と物質的なものという不確かな領域
第2章 性的図式――『知覚の現象学』における転位とトランスジェンダー

第II部 ホモエラティックス
第3章 ボーイズ・オブ・ザ・レックス――トランスジェンダーと社会的構築
第4章 トランスフェミニズムとジェンダーの未来

第III部 性的差異を超えること
第5章 性的差異のエチカをトランスする――リュス・イリガライと性的未決定性の場
第6章 性的無差異と限界の問題

第IV部 法を超えて
第7章 文字=手紙(レター)を保留すること――国有財産としてのセックス

原註
参考文献
謝辞
訳者解説


著者

ゲイル・サラモン(Gayle Salamon)
カリフォルニア大学バークレー校で博士号を取得。その後、プリンストン大学の英語学の助教を経て、現在、同大学の英語学、及び、ジェンダー&セクシュアリティ・スタディーズ・プログラムの教授。本書の他に、 The Life and Death of Latisha King: A Critical Phenomenology of Transohobia, NYU Press, 2018がある。

訳者

藤高 和輝(ふじたか かずき)
大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。現在、大阪大学人間科学研究科助教。著書に、『ジュディス・バトラー――生と哲学を賭けた闘い』(以文社)。共著書に、『子どもと教育の未来を考えるII』(北樹出版)。論文に、「とり乱しを引き受けること――男性アイデンティティとトランスジェンダー・アイデンティティのあいだで」(『現代思想 特集=「男性学」の現在』2019年2月号)、「身体を書き直す――トランスジェンダー理論としての『ジェンダー・トラブル』」(『現代思想 総特集=ジュディス・バトラー 』2019年3月臨時増刊号)など。

メニューを閉じる