コンテンツへスキップ

思想としてのアナキズム

装幀:近藤みどり
2024年3月15日発売
A5判 上製カバー装 312頁
定価:本体3,500円+税
ISBN 978-4-7531-0382-9

思想としてのアナキズム

森元斎 編

森啓輔 清水知子 栗原康 高橋采花 近藤和敬 中西淳貴 渡辺一樹 近藤宏 成瀬正憲 川上幸之介 東志保

 

いかに「思想」としてのアナキズムを保持し得るか。どこまで原理的に、かつ多様に、アナーキーであり続けられるのか――。
暴力論、運動実践、哲学、人類学、宗教、音楽、映画、フェミニズム、近代日本、さまざまなベクトルが交差するアナキズムの現在。


目次

はじめに

第1章  社会は転倒しなければならない――ロジャヴァ革命とCHAZによる反暴力(森元斎)
第2章  市民的抵抗における「暴力」と「非暴力」再考――エリカ・チェノウェスらの非暴力主義的研究に対するベンジャミン・ケースの批判(森啓輔)
第3章  夜明けのアナーキー――テクノサイエンス時代のサイボーグとコモン(清水知子)
第4章  もう非戦しかないもんね――幸徳秋水、仁のアナキズム(栗原康)
第5章  有島武郎と二つの〈家〉――天皇の最も近くで生まれたアナキスト(高橋采花)
第6章  デュルケムの集合的なものとイマギナチオ――集合表象概念の哲学的・思想史的意義について(近藤和敬)
第7章  カントとアナーキーの問題(中西淳貴)
第8章  系譜学、人類学、オルタナティヴ――デヴィッド・グレーバーの方法について(渡辺一樹)
第9章  「社会」の考えそこない――グレーバーとレヴィ=ストロースの交差地点(近藤宏)
第10章 山伏とアナキズム(成瀬正憲)
第11章 パンクとアナキズム(川上幸之介)
第12章 メドヴェトキン集団再考――自主管理的な労働と映画の実践(東志保)

おわりに