新装版 初期ギリシア哲学/J・バーネット

新装版 初期ギリシア哲学

装幀:高麗隆彦
2014年10月10日発売
A5判 上製カバー装 576頁
定価:本体7,000円+税
ISBN 978-4-7531-0321-8​

新装版 初期ギリシア哲学

ジョン・バーネット(西川亮 訳)

ギリシア哲学の初発の問いを若々しい学識で受け止めた名著

ソクラテス以前のギリシア哲学草創の哲学者たちの研究書。伝承記録を駆使して各哲学者の年代を決定し、断片の訳出と解釈によって、各哲学者の思想の本質と背景を文献学的に論考した、前ソクラテス期の哲学研究における不朽の名著。

新装版の刊行にあたり、神崎繁「ギリシア哲学の旅立ちへの初々しい道案内」を付した。


目次

序論
出典
第1章 ミレトス学派
第2章 学問と宗教
第3章 エプェソスのヘラクレイトス
第4章 エレアのパルメニデス
第5章 アクラガスのエムペドクレス
第6章 クラゾメナイのアナクサゴラス
第7章 ピュタゴラスの徒
第8章 若いエレア学派
第9章 ミレトスのレウキッポス
第10章 折衷主義と復古
ギリシア哲学の旅立ちへの初々しい道案内――新装版のために 神崎繁


著者

ジョン・バーネット(John Burnet)
1863年―1928年。英国の古典学者。
プラトンと初期ギリシャ哲学の研究に貢献。1900年―1907年に出版されたOCT(オクスフォード古典叢書)の「プラトン全集」の校訂者。訳書に『プラトン哲学』(岩波文庫)。

訳者

西川 亮(にしかわ あきら)
1932年広島市生まれ。1961年、広島大学大学院文学研究科博士課程修了(西洋哲学専攻)。
1978年―1996年、広島大学文学部に勤務し、1996年、広島市立大学国際学部教授。同年没。広島大学名誉教授。文学博士。
著書に、
『デモクリトス研究』(理想社、1971年)。
『古代ギリシアの原子論』(渓水社、1995年)など。

メニューを閉じる