国際原子力ロビーの犯罪/コリン・コバヤシ

国際原子力ロビーの犯罪

装幀:川邉雄
装画:コリン・コバヤシ〈境界を越える物質 2〉
2013年6月25日発売
四六判 並製カバー装 240頁
定価:本体2,400円+税
ISBN 978-4-7531-0314-0​

国際原子力ロビーの犯罪──チェルノブイリから福島へ 

コリン・コバヤシ

“安全宣言”は本当か?

放射能問題は本当に収束したのか? 原子力大国・フランスを知悉する著者が、福島に実害は出ないとうそぶく国連・WHOを籠絡した国際原子力ロビーの内実を分析し、ベラルーシ、ウクライナの現実から日本へ警鐘を鳴らす。


目次

序にかえて

第1章 国際原子力ロビーとはなにか

なぜ、福島に来たのはWHOではなく、IAEAとICRPなのか
 ・IAEAとWHOの合意書(1959年)
広島・長崎以降、放射線被曝の何が解明されたか
 ・ABCCから放射線影響研究所へ 
 ・ICRPとはなにか
 ・唯一、対抗するECRR
IAEAとはなにか――IAEA―WHO―ICRP―UNSCEARによる支配体制
 ・IAEA設立の経緯
 ・IAEAとチェルノブイリ
 ・国際原子力ロビーの一翼/日本の原子力ロビー
 ・国際原子力ロビーの核/フランスの原子力ロビー
 ・IAEAの金縛りにあっているWHOとは?
 ・IAEAと福島
 ・2012年12月のIAEA国際閣僚会議はなにを決めたか

第2章 エートス・プロジェクトの実相から

エートス・プロジェクトの諸問題
 ・プロジェクトの目標
 ・チームの構成
 ・エートス1
 ・エートス2
 ・エートス・プロジェクトとはなにか:ミッシェル・フェルネックスの証言
 ・ベルラド研究所とエートス・プロジェクト
 ・継続されたコール・プロジェクト
 ・削除されたガイド:サージュ・プロジェクト

福島で行なわれたダイアログ・セミナーとはなにか
 ・ダイアログ・セミナーの内容
 ・「エートス・イン・福島」は市民による自発的運動なのか?

まとめとして――責任者の不在・過剰なる自己責任論・選択肢の不在

第3章 内部被曝問題をめぐるいくつかの証言から

原子物理学者ワシリー・ネステレンコ
 ・ベルラド研究所
ユーリ・バンダジェフスキー、ガリーナ・バンダジェフスカヤ夫妻の研究
 ・バンダジェフスキーの逮捕と冤罪
抹殺されたアップル・ペクチン
アレクセイ・ヤブロコフの証言
結論にかえて

資料1(首相官邸HPに掲載された文章「チェルノブイリ事故との比較」)
資料2(「どのようにして、フランスの原子力ロビーは、汚染地域における真実を葬り去るのか」脱原発ネットワーク―725 のNPO連合)
資料3(「原子力ロビーが犠牲者に襲いかかる時」ミッシェル・フェルネックス)
資料4(「ストリン地区の住民の健康状態の推移」)
資料5(「第三回ICRPダイアローグ・セミナー」より――ジャック・ロシャール発言の問題点)
資料6(放射能防護関連を中心とする国際原子力ロビー 人脈と構造図)

あとがき


著者

コリン・コバヤシ
1949年東京生。1970年渡仏、以来パリ近郊に在住。
美術家、ビデオ作家、フリージャーナリスト、著述家。
『Days Japan』パリ駐在協力者。
1970年代から核/原子力問題に関心を持ち、日仏の様々な軍事・民事の反核運動に関わる。
個展に、1989年パリ・ポンピドゥー・芸術文化センター〈Revue parlee〉、1992年上田画廊、1995年ギャラリーαM、など。
著書に『ゲランドの塩物語』(2001年岩波新書、2002年渋沢クローデル賞現代エッセイ賞)。
編共著に『市民のアソシエーション』(2003年太田出版)など。

メニューを閉じる