不確実性の人類学/A・アパドゥライ

不確実性の人類学

装幀:近藤みどり
2020年5月13日発売
四六判 上製カバー装 296頁
定価:本体3,000円+税
ISBN 978-4-7531-0358-4​

不確実性の人類学──デリバティブ金融時代の言語の失敗

アルジュン・アパドゥライ(中川 理、中空 萌 訳)

デリバティブの論理に抗する分人主義

国民国家の枠組みを超える、現代の金融市場を成り立たせるものとは何か。

人類学の分野でグローバリゼーション研究を牽引してきた著者は、マックス・ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』、エミール・デュルケーム『宗教生活の基本形態』など、資本主義研究及び儀礼研究の古典をひもときながら、現代金融市場の論理を分析する。

市場の「装置」と「エートス=不確実性の想像力」のずれに着目することで、グローバル金融とデリバティブの論理に抗する「進歩的分人主義」の可能性を探求する、人類学的考察。


目次

序 文

第1章 約束型金融の論理

第2章 企業家の倫理と金融主義の精神

第3章 金融機械のなかの幽霊

第4章 聖なる市場

第5章 社会性、不確実性、儀礼

第6章 カリスマ的デリバティブ

第7章 分人の富

第8章 金融のグローバルな野望

第9章 契約という約束の終わり

【訳者解説】不確実性の人類学のために


著者

アルジュン・アパドゥライ(Arjun Appadurai)
1949年、インドのボンベイ(現在のムンバイ)生まれ。シカゴ大学大学院博士課程修了、PhD。シカゴ大学、イェール大学などで教鞭を取り、現在、ニューヨーク大学メディア・文化・コミュニケーション学教授兼IPK(Institute for Public Knowledge)のシニア・フェロー。また、アメリカ芸術科学アカデミーの研究員を務める。専門は文化人類学、南アジア地域研究、文化理論。主な訳書に門田健一訳『さまよえる近代──グローバル化の文化研究』(2004年、平凡社)、藤倉達郎訳『グリーバリゼーションと暴力──マイノリティーの恐怖』(2010年、世界思想社)がある。

訳者

中川 理(なかがわ・おさむ)
1971年徳島県生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間科学)。現在、立教大学異文化コミュニケーション学部准教授。専門は、文化人類学。主な編著に、松村圭一郎/中川理/石井美保(編著)『文化人類学の思考法』(2019年、世界思想社)、石井正子/中川理/マーク・カプリオ/奥野克巳(編著)『移動する人々:多様性から考える』(2019年、晃洋書房)などがある。

中空 萌(なかぞら・もえ)
1983年東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、広島大学大学院国際協力研究科講師。専門は、文化人類学、科学技術社会論。著書に『知的所有権の人類学:現代インドの生物資源をめぐる科学と在来知』(2019年、世界思想社)がある。主な論文に、2019 Making “Pluralistic” Health Systems: Documentation of “Folk” Ayurvedic Knowledge, In Local Health Traditions: Plurality and Marginality in South Asia, edited by Mishra, Arima, 189-207. Orient BlackSwan. などがある。

メニューを閉じる