私自身であろうとする衝動/倉数茂【在庫僅少】

私自身であろうとする衝動

装幀:岡崎乾二郎
2011年8月30日発売
A5判 上製カバー装 296頁
定価:本体2,800円+税
ISBN 978-4-7531-0292-1​

私自身であろうとする衝動──関東大震災から大戦前夜における芸術運動とコミュニティ

倉数茂

ときは1923年の関東大震災の前後、新しい時代(思潮)のはじまりと暗い時代への予兆のなか、日本の芸術/建築/映画/文学界は、同時期に多種多様な実験が開始され、ジャンルを超えた混淆を通じ、それぞれがさまざまな形で華開いた大転換期だった。歴史上はじめて「無名な」個人の「生」があちらこちらに溢れはじめ、それを大きなムーヴメントへと結実させようとする動きが次々に起こる。それらは儚い一夜の夢として「歴史」へと埋没してしまうほかないものだったのか? 本書のタイトル「私自身であろうとする衝動」とは小説家であり社会運動家としても活躍した有島武郎の言葉である。その有島をはじめ、宮沢賢治、江戸川乱歩、柳宗悦、大杉栄、今和次郎、保田與重郎、横光利一、萩原恭次郎ら、「生と芸術」そして「生と労働」の「総合」を試みた作家たちはいったい何を目指していたのか? 彼らの思考と実践の核心が、いま大転換期を迎えた現代日本に鮮やかに蘇り、われわれの次代の「生」の条件を炙り出す。


目次

プロローグ 美的アナキズムとはなにか
・グローバリズムと裸の「生」
・アナキズムの時代
・美的アナキズムの特徴
・生権力とアナキズム
・代表性と敵対性
・コミュニティ

第1章 ポスト白樺派の世代
・自由のアポリア
・〈分離〉と〈表現〉
・震災と「バラック建築論争」
・「考現学」
・都市のリズム
・「前衛」の時代
・犬の言語
・「剥き出しの生」
・私的言語としての詩
・都市暴動

第2章 閉ざされた部屋
・間取りの改善
・農村と都市の結合――田園ユートピア
・「個室」の誕生
・数えること、蒐集すること
・鏡の世界――昭和
・「人でなしの恋」
・欲望の部屋

第3章 テクネーの無限運動
・「民衆的工芸」の誕生
・「自然」と「芸術作品の根源」
・「伝承的価値」
・「名」の否定と柳美学の帰結

第4章 セルロイドの中の革命
・横光の「上海」
・スペクタクル都市
・映画と鉛筆
・群衆、機械、アナーキー
・都市の見世物(アトラクション)
・映画という身体

第5章 意識の形而上学
・暴力の予感
・メルヒェン、世界が変容するとき
・「純粋経験」の詩学
・物語と風
・〈想起〉の劇場――気圏オペラ
・自然、あるいは事物の言語
・名前の解体
・〈喰うこと〉と〈喰われること〉
・光と律動

第6章 〈血統〉の生成
・改鋳される美的主体
・「芸術の限界と限界の芸術」
・「追想」と「憧憬」
・「血統」の生成

エピローグ 美的アナキズムの行方
・「自然」という問題
・「芸術」からサブカルチャーへ――「戦後」的諸問題
・現代の「不幸」と生の生産

あとがき


著者

倉数 茂(くらかず しげる)

1969年生まれ。東京大学総合文化研究科言語情報科学博士課程修了。博士(学術)。
2005年より5年間、中国・広東省および福建省で日本文学を教える。現在、東海大学文化社会学部文芸創作学科准教授。2011年7月、初の小説作品として『黒揚羽の夏』(ポプラ文庫ピュアフル)、2018年には4作目の小説作品となる『名もなき王国』(ポプラ社)を刊行​。

メニューを閉じる