VOL 05 エピステモロジー/知の未来のために【品切】

VOL 05

装幀:前田晃伸
2011年6月29日発売
A5判 並製カバー装 280頁
定価:本体2,400円+税
ISBN 978-4-7531-0289-1

VOL 05 エピステモロジー/知の未来のために

VOL Collective 編(責任編集=金森修、近藤和敬、森元斎)

〈概念の哲学〉を再びこの手に

『VOL』第5号の特集は、エピステモロジー(科学認識論)。震災後の世界で明らかになったのは、いまこそ科学、つまり私たちの「自然に対する認識の枠組」を根本から変えるときである、ということではないか。〈知〉のテクノクラート化(専門化)によって萎縮させられた私たちの思考を鍛え直し、もう一度〈知〉の攪乱・交雑を生じさせ、近代的な〈知〉の枠組に揺さぶりをかけるべく、第一線のエピステモローグたちが才筆をふるう。


目次

1.宣言/問題提起
宣言文「エピステモロジー宣言」
近藤和敬「カヴァイエスの問題論的観点からみた科学的構造の生成」

2.真理論
中村大介「問題としてのイデアと一なる〈宇宙〉」
原田雅樹「数学と哲学における操作、対象、経験」
ジャン=トゥサン・ドゥサンティ「エピステモロジーとその身分」

3.経験論
ガストン・バシュラール「相対論概念の哲学的弁証論」
三宅岳史「カオス研究前史と決定論をめぐる論争」
森 元斎「経験の雫」

4.主体論
ステリン・ローラン「シモンドンにおける存在の問いとしての個体発生」
パスカル・ジロ「科学とイデオロギーのあいだ」
アラン・バディウ「ジャン=ポール・サルトル」

5.社会論
金森修「エピステモロジーに政治性はあるのか?」
西迫大介「フーコー、ベルヌーイ、ダランベール」
ラトゥール「〈社会的なもの〉の終焉」

6.鼎談
「ドゥルーズ哲学をエピステモロジーとして読む」
小泉義之/米虫正巳/檜垣立哉


責任編集者

金森 修(かなもり おさむ)
1954―2016年。フランス哲学・科学思想史。
著書に『エピステモロジーの現在』(慶應義塾大学出版会、2008年)、『〈生政治〉の哲学』(ミネルヴァ書房、2010年)など。

近藤和敬(こんどう かずのり)
1979年生。哲学。著書に『構造と生成Ⅰ カヴァイエス研究』(月曜社、2011年)、『〈内在の哲学〉へ ――カヴァイエス・ドゥルーズ・スピノザ』(青土社、2019年)など。

森元斎(もり もとなお)
1983年生。哲学。著書に『具体性の哲学――ホワイトヘッドの知恵・生命・社会への思考』(以文社、2015年)、『アナキズム入門』(ちくま新書、2017年)など。

メニューを閉じる