憂鬱な国 憂鬱な暴力/小林敏明【品切】

憂鬱な国/憂鬱な暴力

装幀:難波園子
装画:ケーテ・コルビッツ「犠牲」
2008年7月31日発売
四六判 上製カバー装 248頁
定価:本体2,500円+税
ISBN 978-4-7531-0264-8​

憂鬱な国/憂鬱な暴力──精神分析的日本イデオロギー論 

小林敏明

戦争体験の風化と反比例するかのように、いま、なぜ〈戦争と罪責〉という問題が浮上してくるのか? 『廣松渉・近代の超克』に続いて、精神病理学を専門とする著者が、近代性と感情という視座から日本思想史の読み直しを試みる。


目次

序章 戦争と罪責意識について

〔第1部 メランコリーと暴力〕
第1章 戦争とメランコリー――アインシュタイン・フロイト往復書簡に寄せて
第2章 負い目あるいは権力意識の発生――ニーチェからフーコーへ

〔第2部 戦後天皇をめぐって〕
第3章 無のレトリック ――日本的イデオロギーの一原型・和辻哲郎
第4章 憂鬱な国――三島由紀夫「文化防衛論」を再読する

〔第3部 アジアの近代〕
第5章 ナショナリズムにおける感情の問題――孫歌『アジアを語ることのジレンマ』との対話の試み
第6章「近代の超克」とは何か――日本近代思想史への一視角

参考文献一覧
あとがき


著者

小林 敏明(こばやし としあき)
1948年生まれ。ベルリン自由大学学位取得。ライプツィヒ大学教授資格取得を経て、ライプツィヒ大学東アジア研究所教授。著書に『精神病理からみる現代思想』(講談社現代新書)、『西田幾多郎――他性の文体』(太田出版)、『西田幾多郎の憂鬱』(岩波書店)、『廣松渉――近代の超克』(講談社)など。

メニューを閉じる